か、か、可憐だっ!

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

自画像

じがぞう.jpg

こ猫データ

最近の記事

カレゴリーズ

アーカイヴっす!

ランダム記事

others

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

Amazonレビューにて異世界チート魔術師がボコボコにされてて泣けるTwT

0

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ

     

     

    はいどうも、こ猫です。

     

     

    先程Amazonプライムビデオの方で異世界チート魔術師のレビューを見ていたんですが、あまりの叩かれっぷりにちょっとホロリと来てしまいました(笑)

     

     

    ちなみにこ猫は見てないんですが、実はこの反応をちょっとだけ予測していました。

     

     

    というのも、PVだけはこ猫も見たんですが、それが何と言うかこう地雷臭がそこはかとなく漂っていたというか……

     

     

    と言っても言葉では少し伝わりにくいのでまずは番宣CMを見てもらいたいのですが、

     

     

    はい、切りましたw

    PVどころかCMの段階で切ってしまいましたw

     

     

    つくづく俺ってチートだよなぁ―――

     

     

    もうこれで一発アウト、耐えられませんでした。

     

     

    いや、もしかしたらイメージと違って面白いのかもしれません

    一応累計200万部いってるらしいですし。

     

     

    しかしAmazonではボッコボコ。

    もうあまりの容赦のなさに作者がちょっと可哀想になりましたTwT

     

     

    なので少なくとも今暫くは見る気になれません。

     

     

    みんなの感想はどうなんだろう? とレビューを見に行ったら過去の番宣と現在からダブルパンチを喰らった、みたいな感じですね。

     

     

    OPはMYTH & ROIDと最高なのに、残念でなりません。

     

     

    大体MYTH & ROIDが歌うアニメって面白いのが殆どなんですけどね。

    なら本当は面白いのかも………クオリティもそれ程悪いようには見えないし……

     

     

    いやしかし、今回の歌はMYTH & ROIDにしてはちょっと出来が……

     

     

    何よりAmazonレビューではボッコボコだし―― ボッコボコだし―― ボッコボコだし――……

     

    ………

    ……

     

    ふぅ……こ猫秘奥義―――

     

     

     

    無我!!!(考えるのや〜めたっ!)

     

     

     

    はい、ということで興味のある人は覗いてみて下さい。

     

     

    おまけ

     

     

    ではまたっ!

     

     


    「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を観た感想(ネタバレ注意)

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

       

      はいどうも、こ猫です。

       

       

      前から予告していた通り、先日、このすば劇場版「映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を見てきましたのでその感想でも書いていきたいと思います。

       

       

      まあ端的に言うとですね………

       

       

       

      最高でしたっ!!!

       

       

       

      音楽、ストーリー、ギャグ、演出、クオリティ、他etcetc……全てが文句のつけようがないくらいに最高でしたね。

       

       

      何とか時間を作って映画館に見に行ったこ猫を心底讃えたいくらいですw

       

       

      初めはいつもの「このすば」らしくギャグ要素満載でちょくちょく笑いつつ噴き出しながらもほんわかしつつ見ていたんですよ。

       

       

      しかし物語の後半になるにつれ少しずつ、いつの間にか笑いは鳴りを潜め、話に引き込まれ、そして真剣に見入っていました。

       

       

      もうこの時点でも分かると思いますが、今回のこの「このすば」劇場版は本当に物語の進め方が天才的なのです。

       

       

      この世にはあまたの映像作品がありますが、どの作品も大体多かれ少なかれ小休止であったり中弛みのような淀みがあります。

       

       

      しかしこの作品にはそれが一切感じられないのです。

      まあもっともこ猫にはですがw

       

       

      とにかく最後まで自然で流れるようなストーリーラインの中で最後まで進んでいきます。

       

       

      さらにクオリティ、演出共に最高で、終始ワクワクしっぱなし。

      これでこそ劇場版、という圧巻の仕上がりになっていました。

       

       

      「劇場版ボルト」や「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」を見た時もそういう思いはありましたが、今回はそれ以上でしたね。

       

       

      映画を見終わった後にどっぷりと満足感に浸れる。

      やっぱり劇場版はこうでなくちゃいけません。

       

       

      そしてもちろんラストですが、これももちろん最高でした。

      文句なし! 文句なし! 文句なし!

       

       

      基本的に辛口のこ猫をしてそう言わしめる、最高に心が温まる最高に最高な最高がゲシュタルト崩壊してしまうんじゃないかと思う位に最高なラストでした。

       

       

      もうとにかく、これを劇場で観ないなんてありえない位には面白かった。

      感想を言うならこれが全てですね。

       

       

      なので、もちろんDVDやブルーレイでも面白いと思いますが、出来れば劇場版で観ることをお勧めしたい、というのがこ猫の正直な気持ちです。

       

       

      はい、ということで、あまりに面白かったのでちょっとはっちゃけちゃいましたが、大体こんな感じの感想でした。

       

       

      ということで、まだ観に行っていない人はぜひ劇場へ!

       

       

      では最後に劇場版へのこ猫の熱き思いを叫びながら締めたいと思います。

      フゥー………

       

       

       

      ビバッ! 紅魔族! ビバッ!! このすばっ!!

       

       

       

      めぐみんっ!!! 天使!!!

       

       

       

      我が想いよ世界に届けっ!!!

       

       

       

      エクスプロージョンッ!!!!!

       

       

       


      1年4ヶ月ぶりのコメントにビックリw

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

         

        はいどうも、こ猫です。

         

         

        今日もいつものごとく何を載せようかな〜、と悩んでいたところ、管理画面になにやら違和感が……

         

         

        何かと思えば、なんと長い間なかったコメントが来ているではありませんか。

        いやビックリしましたね。

         

         

        ブログを開始してから1年と267日、初めの頃一軒だけあったのを最後に一切そんな気配が無かったのでもうこないものだと勝手に思っていました。

         

         

        そのためブログのカスタマイズがてらメインページのコメント表示も消してしまいましたし。

        これなら残しておけば良かったですね^v^;

         

         

        加えて頭を抱えてしまうのが、戻しようにも戻し方が分からないということ。

        確かそんなに難しくなかったはずですが、方法は全く覚えていません。

         

         

        やり切った後はドンドン忘れていってしまうこ猫の特性なのですw

         

         

        なので、まあ取り敢えずはコツコツ調べてメインページのコメント表示を元に戻せたら戻そうと思います。

         

         

        ただ、戻せない可能性も多分にあるので戻せなった時はご勘弁を。

         

         

        ともあれ、グッチーさん、ななしさん、久方ぶりのコメントありがとうございました。

         

         

        また、これからコメントをくれる皆様へ。

         

         

        こ猫は基本的にハードスケジュールな人生を送っているので(TwT)コメントへの返信は基本的に出来ませんが、コメント自体は大歓迎です。

         

         

        なので、気軽にコメントを書いてくれればと思います。

         

         

        そして最後に。

        これはコメントを見て思ったのですが……

         

         

        やっぱり皆考えていることは同じなんですね!w

         

         

        こ猫もなんだか妙に安心しました。

        あの胡散臭さと言ったらもう、ねw

         

         

        はい、ということで今回はこれにてっ!

         

         

        ではまたっ!

         

         


        韓国政府、GSOMIA破棄(苦笑い)

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

           

           

          いやもうね、呆れを通り越してTHE・苦笑いですよ。

           

           

          頭大丈夫か? と。

           

           

          よく国同士のやり取りを、子供同士の喧嘩みたい、と揶揄されることがありますがまさにそれです。

           

           

          正確には子供が大人に対して一方的に逆切れしている感じですね。

           

           

          今までも色々とありましたがこれはもう完全にアウト。

          これで得をする人以外からは間違いなく総スカンを喰らうでしょう。

           

           

          いや、下手をしたらそれをこえて袋叩きにされるかもしれません。

           

           

          ホント、韓国はどうしてしまったんでしょう?

          いつもおかしいことはおかしいんですが、今回のは断トツでイっちゃってます。

           

           

          まさに子供外交としか呼べない醜態。

           

           

          正直こ猫は韓国政府自体はどうなってもいいんですが、韓国に住むまともな一部の韓国人がそのとばっちりを受けるのは心が痛みます。

           

           

          これはどこの国にも大体言えますが、ニュースなんかで何らかの反○○国運動なんかを見るとその全体がそうであるかのようにイメージ、錯覚してしまいます。

           

           

          例えるなら、日本人はみんな真面目で誠実、仕事は全て完璧にこなす、みたいな感じでしょうか? いわゆるステレオタイプ、というやつですね。

           

           

          しかし実際、それは一部の話しで国全体、ということはまずありません。

          だから韓国にもちゃんといるのです、正しい歴史と現状を理解しているまともな人達が。

           

           

          でも声を上げられない。

          なぜならあまりにも思考停止した反日人間の割合が多いから。

           

           

          普通はそこまで割合は多くないんですけどね。

          これも妄想全開反日教育の賜物でしょう。

           

           

          まあそれが現在、盛大なブーメランとなって国を危機に陥れているんですが。

           

           

          いやホント実際の話、そろそろ韓国政府は嘘を付くのを止めて現実を受け入れた方がいいと思います。

           

           

          じゃないと本当に国が崩壊してしまいますよ。

           

           

          政府自体がどうなろうがホントにどうでもいいんですが、まともな韓国人の生活を脅かすのだけはやめて欲しいですね。

           

           

           

           

           

           

          ということをここ数日考えていました。

           

           

          ちゃんちゃん!

           

           


          AirFreezの広告を見たけど……

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

             

            先日YouTubeでAirBreezなる新発想のエアコン商品の広告を見たんですが、これがまた凄い違和感でした。

             

             

            まあ新発想などと書いてはいますが、正直昔からやる人はやっていた方法で、要は水の気化熱を利用して空気を冷やし放出する、とそんな感じの発想です。

             

             

            で、それは置いておいて話は戻しますが。

             

             

            いったい何が違和感だったのかというと、その広告ではAirBreez開発までの道のりがテキストで物語調に語られていおり、その物語の中では二人の日本人親子と日本人の開発グループが登場人物として出ていました。

             

             

            しかし、動画自体はなぜか色々な動画を切り貼りしたもので日本人が一人も出てこず外国人ばかり、さらにテキストも微妙に違和感のある日本語で構成されているという出来だったんですよね。

             

             

            この時点でもうおかしいな、と思っていたんですけど、まあ一応と思って販売会社を検索してみました。

             

             

            そうしたらどうなったか?

             

             

            もう察しの良い人は気付いているかもしれませんが、そうです、販売会社が検索にヒットしないのです。

             

             

            こんなことはこのネット時代においてまずあり得ません。

             

             

            もちろん、こ猫の検索の仕方が下手くそ、という可能性も無いとは言いませんが、まあまずないでしょう。

             

             

            そして結論、こ猫は思いました。

             

             

            あ、これ日本人が作ったっていうのは嘘だ、と。

             

             

            とまあそれだけの話しなんですが、なんか書きたかったので書きました。

             

             

            ちなみに、商品自体の良し悪しは分かりません。

            理論自体はまあ単純なものなので普通に信用できますが。

             

             

            ただこ猫は、あまり買う気は起きません。

            なぜなら、なんか動画を思い出せば思い出すほど胡散臭いんでw

             

             

            もっとも、繰り返しますが商品自体の性能にうんぬん言っているわけではありません。

            実際使ってて凄く便利って人もいるでしょうし。

             

             

            とにかく微妙に胡散臭い動画だった、ってことを言いたかっただけです。

             

             

            気になる人はどうぞご購入を^v^。

             

             

            ということで、今回はこれにてっ!

             

             

            ではまたっ!

             

             


            | 1/10ページ | >>